ダサいとは言わせない!自分に合うオシャレのポイント

>

自分の肌や髪の色を知りましょう

肌の色で見分ける似合うコーディネート

赤みの強い肌であれば、コーディネートの色はオレンジ系やピンク系などを差し色にしたものが似合います。
できれば、優しい色合いのワントーンコーデがおすすめです。
色白だけど、赤みが出やすいという肌の方は、パール系のホワイトコーデが似合います。
小物で遊びを取り入れたりして、少し大人っぽいファッションがいいでしょう。
黄色が強い肌の方は、秋を連想するような色が似合います。
肌が、クリーム系の色でもありますので大人っぽいシックなファッションがおすすめです。
透き通るような白い肌の方は、ビビッドな色とくすんだ色が似合います。
例えば、トップスはビビッドカラーでボトムスはくすんだ色などにするなどの個性的なファッションも似合います。
オレンジに近い肌の方は、秋の色に近い柔らかいグリーンやピンクやオレンジも似合いますし、フレッシュな明るい色も似合います。

髪色で見分けるコーディネート

髪色で、似合うファッションの特徴を紹介しましょう。
黒髪や、ダークブラウンの髪色の方は、カッチリしたスタイルが似合います。
落ち着いた色合いのファッションも、品よく着こなすことができるでしょう。
また、女性らしくホワイトの服も似合います。
もし、色合いをピンク系やイエロー系などの華やかな色にしたいという場合には、色はパステルカラーを選ぶと失敗はしないです。
ブラウンや、明るめのブラウンの方や金髪の方はカラフルなファッションが似合います。
髪色からも感じるようにとても活発で元気な印象を受けます。
ファッションもカラフルな色がおすすめです。
イエローやピンクなどの華やかな色合いから、ビビットな原色も髪色と愛称がとてもいいです。